ブログ

2/9出荷レポート~苫小牧単独便~

2018年2月9日

今週は、アメリカの国民的スポーツであるアメフトのチャンピオンを決めるスーパーボウルがありました。
今年はNew England PatriotsPhiladelphia Eaglesでした。
ペイトリオッツはスーパーボウルの出場歴がどのチームより多く、何度も優勝しています。
片やイーグルスは、2004年以来振りのスーパーボウル出場で、昨年などは弱小と呼ばれたチームでした。
そんなイーグルス、ペイトリオッツ相手にリードを続け、スーパーボウル史上まれにみる点の取り合いで、
最後はペイトリオッツが粘るものの、イーグルスがなんとか逃げ切り優勝の指輪を手にしました。
イーグルスファンはあまりの嬉しさに、その夜街中に人があふれ、火災が起きたりするほどでした。

私もペイトリオッツが負けるのを楽しみに、スーパーボウルを観戦しましたが、
点の取り合いが激しく、見ていて感心する位にエキサイティングな試合でした。
我らシアトルシーホークスは、今年ほとんどいいとこなしだったので、来年はもっと頑張ってほしい所です。

さて、今週は苫小牧行き単独便を出荷しました。
主な荷物は、内部ホロコアドア、階段材、モールディング、キッチンキャビネット、KOHLER水栓、カーペット、コラム、照明器具等です。



商品の入荷が、積み込みギリギリのものもあり、出荷準備は慌ただしくなりました。


いくつか積み込みに間に合わない商品がありましたが、大きな荷物は無事に出荷できました。
このコンテナは2月下旬に苫小牧へ到着予定です。

1/29出荷レポート~横浜混載便~

2018年1月29日

月末にあったスーパームーン、日本では各地で観測できたそうですね。
シアトルは雲りでほとんど見られなかったのですが、ちょうどマウイ島へ行く機会があり、
スーパームーン直後だったからか、とても幻想的な朝日を見る事ができました。
マウイ島は自然いっぱいで、とてもリラックスできる場所でした。

さて、今週も横浜行き混載便を出荷しました。
主な荷物はトリプル省エネ樹脂サッシ、MASTIC樹脂サイディング、ファイポン、内部ドア、ガレージドア、モールディング、ハウスラップ等です。


モールディングは標準で16’4.8m)あり、日本国内で配送する際にトラックに載らない場合があるので、
メーカーで12’4’にカットしてもらい、パレットも12’を超えないようにしてもらっています。
今回出荷したモールディングも、同じようにカットしてもらっていたのですが、
荷受けをした倉庫スタッフから、12’を超えて、14’の長さで入荷したと連絡がありました。
検品してみると、7’のモールディングが2列に並べて梱包され、
合わせて14’の長さになった状態になっていました。
この7’モールディングの束をパレットから外し、パレットとは別にまとめて出荷しました。

モールディングの梱包は、パレット全体をボール紙でくるんであり、
12’のモールディングの中に短いものが混ざって梱包されると、外からは探しにくいので、
わざと飛び出した状態で出荷して、入荷時の検品で分かりやすいようにしてくれたのかもしれません。
パレット自体が12’を超えていると、倉庫でパレットを解体しないといなかったのですが、
今回は商品が飛び出していただけだったので、このまま出荷でき、日本での配送も問題なさそうです。

積み込みはスムーズに進みました。

このコンテナは2月中旬に横浜へ到着予定です。

1/19出荷レポート~名古屋単独便~

2018年1月19日

今週は全米各地でWomen’s Marchが開催され、シアトルでも約10万人の人がダウンタウンに集まりました。
The 45”(トランプ大統領批判派は彼をこう呼びます)の女性蔑視発言に抗議を表すピンク色の猫型のニット帽(Pussy hat)を被って行進しました。
シアトル、キャピタルヒル内のレストランでは、女性従業員たちも猫耳を被って仕事をするなどしていました。

最近では、ハリウッド関係者から過去に受けたセクハラを、多くの女性達がSNSで告発したりして、
70年代のウーマンリブ運動が、SNSの力を借りて、現代に蘇っているようです。
マイノリティの人権運動もそうですが、こういった人権運動が繰り返されるという事は、
幾ら先進国でも、まだまだ基本的な人権問題が、本質的に解決されていないという事の表れでもあります。
トランプ大統領(The 45)になって、混乱の2年目を迎えるアメリカですが、
彼が問題発言をする事で、今まで目を反らされてきた問題の本質が再び明るみに出てくる事は、
この政権になって唯一、良かった事と言えるかもしれません。

さて、今週は名古屋行き単独便を出荷しました。
主な荷物はトリプル省エネ樹脂サッシ、樹脂サイディング、モールディング、アスファルトシングル屋根材、ガレージドア、ホロコア内部ドア、樹脂シャッター、腰壁パネル、木材等です。




モールディングは様々な形状があるので、間違いがないか、入荷時に11つ数えて検品しています。
1つのオーダーで100本以上のモールディングがあるので、数えるのが大変ですが、しっかり検品しています。

サイディングもモールディング同様長さがある為、欠品があっても交換品を航空便で送る事ができないので、
こちらも役物など、間違いがないか、しっかり検品しています。
間違って入荷する事はほとんどないのですが、やはりたまに間違いはあるので、検品は重要な作業です。

積み込みはスムーズに進みました。


このコンテナは2月中旬に名古屋へ到着予定です。

1/15 出荷レポート~横浜混載便~

2018年1月15日

今週は、北米最大のビルダーズショーIBSがフロリダ州オーランドで開催されていました。
今年も、日本からのお客様をご案内し、とても充実した機会となりました。
IBSについては、また後日レポートしたいと思います。

今週も横浜行き混載便を出荷しました。
弊社スタッフがIBSへお客様をご案内していたため、
人手が少なかったのに加え、通常月曜日のカットオフが前の週の金曜日に前倒しになりました。
出荷予定の荷物は早めに入荷していたので、スケジュールが早まっても無事、予定通り出荷できました。
主な荷物は、トリプル省エネ樹脂サッシ、サーマスルードア、DeWilsキッチンキャビネット、ウェザーバリア、ハウスラップ、遮熱材等です。


積み込みはスムーズに進みました。


このコンテナは1月末に横浜へ到着予定です。

1/8 出荷レポート~横浜混載便~

2018年1月8日

2018年になりました。皆様、今年もどうぞよろしくお願いいたします。
アメリカの新年は、11日だけがお休みで、2日からどこも通常業務が始まります。
弊社もお正月気分はどこ吹く風で、新年早々、横浜行き混載便の出荷をしました。

主な荷物はトリプル省エネ樹脂サッシ、玄関ドア、ガレージドア、MASTIC樹脂サイディング、モールディング、KOHLERKICHLER照明器具、階段材、ドライウォール、ファイポン、ハウスラップ等です。


MASTICサイディングの役物に20′(約6m)の長さのものがありましたが、
この長さだと、日本に着いてからの配送手段が限られるので、
メーカーに短くカットして配達してもらうよう依頼していました。
ところが、納品されてみたら、20’のままで入荷しており、
仕方ないので倉庫で梱包を開けて、自分達でカットしました。
6mの長さの役物は40本ほどあり、これを11つ丸ノコでカットするのは、かなりの労力でした。

無事長さ4m以内に梱包し直し、出荷する事ができました。

物量は多かったものの、積み込みはスムーズに進みました。


このコンテナは1月末に横浜へ到着予定です。

12/26 出荷レポート~横浜混載便~

2017年12月26日

シアトル北部とその近郊は、現在、住宅バブルで価格が高騰し、
全米で住宅購入の競争が最も厳しい地区のトップ25に、シアトル近郊の19地区がランクインしました。
ランキングトップは、マイクロソフトがあるRedmond市の、Grass Lawn地区だそうです。
同じランキングに入っている、ダウンタウンのすぐ北のLower Queen Anneは、
シアトルダウンタウンかられニア山までを一望できるインスタ映えスポット、Kerry Parkがあります。
日本からのお客様がいらした時には、いつもこちらへご案内しています。
この公園は道沿いに草むらがあるだけの小さな公園ですが、周りに素敵な邸宅が多くあり、
散歩しながら住宅を見て歩ける、近場ではおすすめのスポットです。

さて、今週は2017年最後の混載便出荷がありました。
主な荷物はトリプル省エネ樹脂サッシ、ファイバーグラスドア、シンク、カウンタートップ、空調機器、薪ストーブ、モールディング、セメントサイディング、ハウスラップ、遮熱材等です。



積み込みはクリスマス連休前に行いました。


シアトルは、今年ホワイトクリスマスになり、皆大興奮していました。

今年も1年間、たくさんの方に支えられて、無事に業務を終える事が出来、大変感謝しております。
来年も更なるサービス向上に努めていきたいと思いますので、どうぞよろしくお願いいたします。

12/4 出荷レポート~横浜混載便~

2017年12月4日

今年のクリスマスはいかがお過ごしになりましたか?
シアトルはクリスマスイブに雪が降り、ホワイトクリスマスの朝は街中うきうきしていました。
シアトルのアメフトチームSeahawksも、クリスマスイブの日曜に行われた試合で、
プレーオフ進出の可能性をぎりぎり繋ぐ勝利を収め、いいクリスマスプレゼントになりました。
シアトル近郊のベルビュー市のクリスマスパレードも、たくさんの人でにぎわっていました。




今年も残りわずかですが、12月も横浜混載便を出荷しました。
この便の主な荷物はトリプル省エネ樹脂サッシ、Therma-Truファイバーグラス玄関ドア、ホロコア内部ドア、スチールガレージドア、ファイポン、キッチンキャビネット、モールディング、ミラードア、シンク、家具等です。



このコンテナは年内に納品できる最後のコンテナのため、急遽、急ぎのドアのご注文を頂きました。
近所のホームセンターへ商品を取りに行き、無事に出荷できました。

積み込みはスムーズに進みました。


この荷物は12月下旬に横浜へ到着予定です。

2017 Street of Dreamsレポート

2017年12月4日

最新の北米輸入住宅情報を知るなら、Street of Dreamsは必見です。
12から時間が空いてしまいましたが、レポート第3段をお届けします。

3軒目のNEVEAHは、子供達からおじいちゃん、おばあちゃんまで、
複数世帯が1軒の家で、ほどよい距離感と近さのバランスをうまく取りながら生活できるように、
そこに住む家族を中心に考えられた間取りやデザインが魅力的です。

日本でも、最近の若者は・・・と言うフレーズがよくささやかれますが、
アメリカのミレニアル世代も、高校卒業と同時に一人暮らしを始める従来の世代と全く違い、
高校を卒業しても親と同居する人が増えています。
そんな新しい家族の形が形成されている中で、これからの時勢を見据えた住宅という印象でした。



2つあるキッチンや、各部屋の個別バスルームなど、個人のスペースを尊重しながらも、
Great Roomやレクレーションルーム、シアタールーム、音楽部屋など、
友達が集まったり、家族が一緒に時間を過ごすためのスペースもしっかり確保。




床は流行りのBarn Woodで統一し、Barn Doorなども取り入れて、
Farmhouseスタイルのトレンドにものっています。

アメリカならではの広さを存分に生かした間取りは、日本の2世帯住宅に取り入れられるか難しい所ですが、
核家族化して、家庭というコミュニティが崩れてきてしまった現代で、
大家族がお互いに助け合って暮らせるデザインのヒントがあるかもしれません。


11/27 出荷レポート~横浜混載便~

2017年11月27日

今週は、感謝祭で連休になりましたが、多くのアメリカ人はこの連休を家族と一緒に過ごします。
アメリカは多民族国家なので、一般的に知られているターキーを食べる家庭ばかりではありません。
オイスターとフライドチキンに肉まんの日系家族もあれば、黒人系の家庭ではガンボが出たりします。
Genexスタッフの家庭では、作るのがものすごく面倒なターキーは買ってきて、焼くだけにし、
デザートは自家製でカロリー控えめにするなどして、毎年ごちそうを頂いています。
クランベリーソースや日本でも知名度の上がってきたビーツなど、季節物もあります。

感謝祭の後は、ブラックフライデーと言われるクリスマスに向けたセールがありますが、
感謝祭を祝わない日本でも、今年はブラックフライデーだけ一人歩きして行われたそうですね。
そもそも感謝祭は、イギリスから来たピルグリムが、アメリカ原住民と一緒に収穫を祝ったのが由来ですが、
ピルグリム達は、その後、原住民を大量に殺し、騙して土地を奪い、原住民の文化を奪ってきました。
過去だけでなく現在でも、原住民に対するひどい仕打ちは続いていて、
原住民の限られた土地を、DAPL石油パイプラインを引く為に奪い、
それに抗議する原住民達に、冬の寒い中、放水したり、犬に襲わせたりしていたのはつい去年の事。
石油パイプラインは毎年、必ずどこかで石油を漏らす事故を起こしているので、
元々このパイプライン建設が計画されていたルート付近に住む白人住民達が拒否したために、
原住民の土地を通るルートに変更をして、無理やり建設を進めた経緯があります。
今でもこういった差別が色濃いアメリカ社会で、偽善的な感謝祭を祝う気になれない人も増えています。
感謝祭にかこつけたブラックフライデーやブラックマンデーに狂喜乱舞する人、
世の中の矛盾に思いめぐらす人、恵みに感謝する人など、アメリカの感謝祭の過ごし方は本当に多種多様です。

今週は感謝祭の連休のため、積み込みスケジュールを前倒しして、出荷しました。
主な荷物はトリプル省エネ樹脂サッシ、サーマスルードア、エルドラドストーン、ファイポン、キャビネット、階段材、シャンデリア、遮熱材、ハウスラップ等です。




荷物はすべて前週に入荷していたので、積み込みはスムーズに進みました。


このコンテナは12月中旬に横浜へ到着予定です。

11/20 出荷レポート~横浜混載便~

2017年11月20日

シアトルでは珍しく、今月の始めに市内でも降雪があったため、
近郊のスキー場は今年は良い雪に恵まれて、続々シーズンをオープンしました。

今週も横浜行混載便を出荷しました。
主な荷物はトリプル省エネ樹脂サッシ、樹脂サイディング、内部ホロコアドア、キャビネット、ファイポン、シャッター、モールディング、照明器具、遮熱材、ハウスラップ等です。






この便で出荷予定のレンジフードが、配送途中で保管されていた倉庫で行方不明になってしまい、
新しいものの配達にまた1ヶ月ほど掛かると言われたため、急きょこの商品はキャンセルしました。
お客様には商品のキャンセルでご迷惑をお掛けしてしまいました。

積み込みはスムーズに進みました。



このコンテナは12月上旬に横浜へ到着予定です。


ページトップへ